PAGE TOP

新着記事

事務局だより<No.3> (一社)次世代センサ協議会「海洋計測センサシステム研究部会」の活動紹介

事務局だより<No.3> (一社)次世代センサ協議会「海洋計測センサシステム研究部会」の活動紹介

ちょっと読む
事務局

 (一社)次世代センサ協議会は、企業の立場から海洋技術分野における計測センサの現状を調査し、課題および将来への施策を提言する「海洋計測センサシステム研究部会」を立ち上げ、2014年9月より活動を開始しています。対象分野は...

続きを読む

《光ファイバセンサによる防災への提案 その1》小川貴弘(古河電気工業(株))が、新川電機(株)Webマガジン8月号に掲載されました。

ちょっと読む
事務局

 《光ファイバセンサによる防災への提案 その1》小川貴弘(古河電気工業(株)(当協会会員))が、新川電機(株)(当協会会員)Webマガジン8月号に掲載されました。   記事はこちら    従来の電気式センサを用いた広域モニタリン...

続きを読む

当協会理事 呉智深教授(茨城大学)は、International Society for Structural Health Monitoring of Intelligent Infrastructure の次期会長に選出されました。

ちょっと読む
事務局

 当協会理事 茨城大学工学部都市システム工学科 呉智深教授(Prof. Zhishen WU) は、International Society for Structural Health Monitoring of Intell...

続きを読む

技術紹介《PNCR-相関型OTDR》小松康俊(副理事長((株)渡辺製作所))

技術紹介《PNCR-相関型OTDR》小松康俊(副理事長((株)渡辺製作所))

ちょっと読む
事務局

1. PNCR-相関型OTDR 光ファイバの損失や破断点を計測するためのOTDR (Optical Time Domain Reflectometer)では図1に示すようにパルス変調した光源が一般的に用いられています。パルス光が...

続きを読む

会員《スペクトリス株式会社HBM事業部》より、光ファイバセンサのアプリケーションレポートを紹介します。

会員《スペクトリス株式会社HBM事業部》より、光ファイバセンサのアプリケーションレポートを紹介します。

ちょっと読む
事務局

会員《スペクトリス株式会社HBM事業部》より、光ファイバセンサのアプリケーションレポートを紹介します。①地震で崩落した教会の再建を支えるHBMの光ファイバ技術 -教会再建時の耐震データを光ファイバセンサで収集-②光ファイバセンシング...

続きを読む

『第58回光波センシグ技術研究会講演会』が論文を募集します。

『第58回光波センシグ技術研究会講演会』が論文を募集します。

ちょっと読む
事務局

 応用物理学会・光波センシング技術研究会が主催する『第58回光波センシグ技術研究会(LST)講演会』が論文を募集します(当協会は『第58回LST講演会』を協賛しています)。第58回研究会では「微弱光計測」をテーマに取り上げます。環境...

続きを読む

寄稿 《防災と科学・技術についての一考》 田畑和文(副理事長(オプトオール(株))

ちょっと読む
事務局

 日頃より光ファイバセンシング振興協会の活動にご理解を頂き感謝致します。今日はちょっと固い話にお付き合い下さい。はじめに  2011/3/11の東日本大震災以降、直近の2016/4/14の熊本地震を経験し、「防災」に関する関心は...

続きを読む

事務局だより<No.2> 盛会のうちに第57回LST講演会は終了しました。

事務局だより<No.2> 盛会のうちに第57回LST講演会は終了しました。

ちょっと読む
事務局

 応用物理学会・光波センシング技術研究会が主催(当協会が協賛)する『第57回光波センシグ技術研究会講演会』は6月14日-15日、東京理科大学森戸記念館において開催され、参加者118名で盛会のうちに終了しました。 「光ファイバセン...

続きを読む

事務局だより<No.1> 北陸地方整備局 高田河川国道事務所を訪問しました。

事務局だより<No.1> 北陸地方整備局 高田河川国道事務所を訪問しました。

ちょっと読む
事務局

 6月10日、(株)KSK(構造診断研究所)の山下さん、石沢さん、事務局(足立)の3名で、北陸地方整備局 高田河川国道事務所を訪問しました。当協会は、「妙高大橋の安全研究に伴うプロジェクトに関する協力協定書」に基づき、新たな維持...

続きを読む

会員《株式会社 共和電業》の紹介

会員《株式会社 共和電業》の紹介

ちょっと読む
事務局

応力計測の総合力を活かし、幅広く社会の“安全と安心”を支えています。共和電業は、ひずみゲージの初の国産化を実現して以来、高度な技術力とそれを幅広いニーズへ展開できる応用力を培ってきました。この独自に培ったノウハウを効果的に組み合わせて、...

続きを読む