PAGE TOP

新着記事

インフォメーション(35)

コラム(28)

会員紹介(22)

技術情報(14)

シンポジウム・講演会(11)

新規事業・プロジェクト(6)

光ファイバセンシングとは(4)

Q&A(2)

メールマガジン(15)

Brochure (和・EN)(3)

インフォメーション

印刷する

東電設計(株)トピックス『表面ひずみ法によるPC鋼材残存緊張力の推定手法の開発について』

2021年5月25日

事務局長
 東電設計(株)トピックス『表面ひずみ法によるPC鋼材残存緊張力の推定手法の開発について - 正確+低コスト : コンクリート道路橋の老朽化対策に寄与 - 』を紹介します。

 このたび、東京理科大学、高速道路総合技術研究所、飛島建設株式会社、東電設計株式会社は、表面ひずみ法によるPC鋼材残存緊張力の推定手法を開発、本日(2021年1月20日)より販売開始いたします。
 この手法を活用すれば、PC鋼材を用いた道路橋の老朽化の進展を正確に、しかも非常に低コストで推定できることになり、防災上、非常に大きな役割を果たせると考えております。

 トピックス(記事)は       こちら
 東電設計株式会社のホームページは こちら 

キーワード